国債は安全な投資

国債の意味は、発行を国が行う債務券ということです。
国債は、国家を国が運営するための資金を銀行や証券会社・保険会社から借りる場合に発行します。
団体や個人が、国債を証券会社や銀行等から買うこともできます。
借用書でもある国債は、利子も年に1回あるいは2回つきます。
もちろん、国債を団体や個人で持っている場合には、利子を持っている人が受け取ることができます。
ほとんどの場合、借用期限が国債では決定しており、例えば、満期が5年の国債であれば、利子を5年間受け取り、満期時の5年後に買った資金が返ってきます。
つまり、借用書のスタイルですが、投資者の立場からすると定期預金と違いはありません。

最大の国債のメリットは、元本が保証されるため安全性が高い投資であるということです。
国の財政が破綻しなければ、利子が年1回あるいは2回払われ、元本が満期時に返ってきます。
国が発行元であるため、非常に破綻する危険性が低いということです。
会社が発行している株式の場合は、会社が経営破綻すると紙切れになるというリスクがあります。
しかしながら、国債の場合は国が発行しているため、紙切れになるリスクは低く、普通預金や定期預金と同じ様にリスクが高くない資産の運用方法と言えます。
さらに、国債の安全性以外のメリットとしては、購入が少額からできるということがあります。
ほとんどの国債は購入単位が1万円あるいは5万円であるため、気軽にスタートすることができます。
本サイトでは、元本を国が保証、格付けは安定的、についてご紹介します。